ぼくたちは勉強ができない

話数: 全187話

休載を表示
読切を表示
カラーを表示

ぼくたちは勉強ができない 掲載号・タイトル

# 年・号 タイトル 順位
1 2017年10号 新連載 巻頭カラー 問1. 天才と[x]は表裏一体である 1
2 2017年11号 カラー 問2 天才の憧憬は[x]である 7
3 2017年12号 問3. 天才の来訪は[x]の一大事である。 11
4 2017年13号 問4. 魚心あれば、天才に[x]心あり。 13
5 2017年14号 問5. 高嶺の天才は[x]に憂う 12
6 2017年15号 問6. 天才は[x]によって文明を思案する 10
7 2017年16号 問7. かくして天才どもは[x]を楽しむ 11
8 2017年17号 問8. 誰が為に天才は[x]に抗う 7
9 2017年18号 問9. 天才は[x]にも心通ずるものと知る 12
10 2017年19号 カラー 問10 それは乙女なる天才の[x]なる一日である 10
11 2017年20号 問11. かの数値は天才による[x]の応報である 16
12 2017年21・22号 問12. 彼女が天才に望むもの即ち[x]である 17
13 2017年23号 問13. 天才の焦慮は時に[x]と反比例する 14
14 2017年24号 問14. 林間の天才は[x]に迷走する 15
15 2017年25号 問15. 浴場にうだる天才は[x]をさらける 15
16 2017年26号 問16. かくして前任者は天才を未だ[x]する。 13
17 2017年27号 カラー 問.17 青春とは天才の熱意と車輪と[x]である 9
18 2017年28号 問18. 天才[x]たちはかくして勉強ができない 14
19 2017年29号 問19. 天才と[x]は互いの空模様を想い做す 15
20 2017年30号 問.20 天才は不鮮明な世界の[x]にたゆとう 16
21 2017年31号 問21. それは[x]の天才と繋がる禁断のものである 18
22 2017年32号 カラー 問22 前任者の秘匿領域は[x]有様である 12
23 2017年33号 問23. 天才たちの花園に[x]は不可欠である 17
24 2017年34号 問24. 果敢なる天才は[x]の流説に抗う 13
25 2017年35号 問25. 事の発端は天才の[x]なる敢闘である 10
26 2017年36・37号 問26. 天才の一挙手一投足は時に[x]を翻弄する 8
27 2017年38号 カラー 問27. 怖じる[x]に天才は憂い 彼は虜る 11
28 2017年39号 問28. 禁断の地にて彼は[x]が為奮闘する 12
29 2017年40号 問29. 天才は飽くなき探究の末[x]に至る 8
30 2017年41号 問30. されどなお天才は[x]の究明に勤しむ 7
31 2017年42号 問31. かの新天地にて迷える子羊は[x]と邂逅する 8
32 2017年43号 カラー 問32. 先人はかくも愚直に[x]な明日を見る 6
33 2017年44号 問33. 天才と先人寄れば[x]の懊悩となる 7
34 2017年45号 カラー 問34. 威厳ある前任者は時に[x]にかしづく 10
35 2017年46号 問35. 人知れず天才は[x]どもの戯言に踊る 12
36 2017年47号 問36. 時に天才は[x]に憂い孤独に仇をなす 3
37 2017年48号 問37. 時に天才どもが砂上の[x]は連鎖する 13
38 2017年49号 巻頭カラー 問38. 喧々たる夜に果たして[x]は勉強ができない 1
39 2017年50号 問39. 天才の目に天の光はすべて[x]である 11
40 2017年51号 問40. 先人は己の選択に[x]をもって向き合う 2
41 2017年52号 問41. 前任者の姿は時に青き[x]へと遡行する 7
42 2018年1号 カラー 問42. 水面駆ける天才は唯々[x]に映ゆ 10
43 2018年2・3号 問43. 天才は時に[x]をともに分かち追懐する 6
44 2018年4・5号 問44. 天才と彼はその[x]なる判定に銘々慮る 6
45 2018年6号 問45. 彼女の[x]は前任者にとって青天霹靂である 7
46 2018年7号 問46. 彼女はかくも妖姿媚態に彼を[x]する 9
47 2018年8号 問47. 露知らず[x]はその深淵をのぞかれるものである 6
48 2018年9号 問48. 渚に失せものありて先人は艶然と[x]する 10
49 2018年10号 問49. それは九死の前任者に唯一[x]させるものである 13
50 2018年11号 巻頭カラー 問50. 湯の花に咲くは天才どもが[x]の跡である 1
51 2018年12号 問51. 天才は変遷する季節と[x]模様に憂う 7
52 2018年13号 問52. 天才は時に蒙昧たる[x]の究明に邁進する 4
53 2018年14号 問53. 時に隣の[x]は青く捗捗しいものである 12
54 2018年15号 カラー 問54. 先人の誇りは時に[x]どもの事情と背反する 12
55 2018年16号 問55. 彼らは戯れに[x]なる言の葉を披瀝する 10
56 2018年17号 問56. 運命は時に前任者を抗えぬ[x]へといざなう 7
57 2018年18号 カラー 問57. 天才の変貌は時に[x]の盲目となる 6
58 2018年19号 問58. 荒ぶる夜 たまさかに 天才の心[x]に在らず 8
59 2018年20号 問59. 時に天才は限定された[x]において奮闘する 5
60 2018年21・22号 問60. 先人の[x]は時に彼の献身となる 4
61 2018年23号 カラー 問61. 彼らは安んぞ面する[x]の志を知らんや 6
62 2018年24号 問62. 親友が天才に描くもの即ち[x]である 6
63 2018年25号 問63. その姿に想起するは[x]どもが夢のあとである 11
64 2018年26号 問64. 誰しも[x]の前は忙しなく 期待を胸に奔走する 4
65 2018年27号 問65. 祭のはじめは矢継ぎ早 彼らに[x]が降りかかる 4
66 2018年28号 問66. 祭の行方はいざ知らず[x]どもは華やかに舞う 7
67 2018年29号 問67. 祭の騒ぎは留まらず[x]どもは茨の道を往く 5
68 2018年30号 カラー 問68. 祭りの佳境はめいめいに[x]を求め空騒ぐ 4
69 2018年31号 問69. 祭の終わりは寂しくも華やかに[x]どもを祝福する 4
70 2018年32号 問70. その奇怪な早鐘は 時に[x]に因るものである 8
71 2018年33号 問71. さりとて先人も 一分の[x]に揺らぐものである 12
72 2018年34号 問72. その痕跡は時に[x]の安寧を揺るがすものである 15
73 2018年35号 問73. 天才の質疑はいみじくも[x]どもの攻防となる 5
74 2018年36・37号 問74. 時に前任者は艱難たる[x]にも閲するものである 9
75 2018年38号 問75. 機械仕掛けの彼女は時に[x]にかしづくものである 13
76 2018年39号 巻頭カラー 問76. ゆく[x]の流れは絶えずして… 1
77 2018年40号 問77. 時によどみのうたかたは かつ消え かつ結びて[x]にとどまる 9
78 2018年41号 問78. 心尽くしの賜物は時に[x]の錯綜となる 3
79 2018年42号 問79. 癒やしの新天地にて彼は再び[x]が為奮闘する 12
80 2018年43号 問80. 湯煙の果て 前任者は散々たる[x]にたゆたう 17
81 2018年44号 問81. 人知れず天才は彼らの忖度に[x]する 10
82 2018年45号 問82. 隔絶された先人は時に目前の[x]に葛藤する 15
83 2018年46号 カラー 問83. またしても天才は[x]どもの戯言に踊る 8
84 2018年47号 問84. かの書物は前任者の[x]を諷示するものである 15
85 2018年48号 問85. 最愛の星に[x]の名を① 13
86 2018年49号 問86. 最愛の星に[x]の名を② 14
87 2018年50号 問87. 最愛の星に[x]の名を③ 11
88 2018年51号 カラー 問88. 最愛の星に[x]の名を④ 4
89 2018年52号 問89. 最愛の星に[x]の名を⑤ 13
90 2019年1号 問90. 汀の天才は時に嘯きながらも[x]する 13
91 2019年2号 問91. 天才どもの英姿にかくして[x]は朦朧と言い洩らす 13
92 2019年3号 カラー 問92. 時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす 10
93 2019年4・5号 カラー 問93. 前任者は賢しらに未曾有の[x]を育む 16
94 2019年6・7号 問94. 時に先人は愛しきその姿に[x]を重ねる 11
95 2019年8号 カラー 問95. そうして彼は頓悟して[x]が為に走り出す 16
96 2019年9号 問96. 怱々たる彼の様に 天才どもは隠密に[x]する 15
97 2019年10号 問97. 不在の森閑はいみじくも 天才どもの[x]となる 13
98 2019年11号 巻頭カラー 問98. かの韋編は時に彼らを蠱惑の[x]へと誘う 1
99 2019年12号 問99. さりとて先人は[x]の形振りを倣い明日を見る 9
100 2019年13号 問100. 黄昏に氷の華は[x]と舞う① 7
101 2019年14号 問101. 黄昏に氷の華は[x]と舞う② 10
102 2019年15号 カラー 問102. 黄昏に氷の華は[x]と舞う③ 8
103 2019年16号 問103. その連接は時に彼女を[x]させるものである 5
104 2019年17号 問104. 薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす 14
105 2019年18号 カラー 問105. 乙女の招きはたまさかに[x]の鏡鑑となる 6
106 2019年19号 巻頭カラー 問106. その来訪は果たして[x]どもの一大事である 1
107 2019年20号 問107. 砂上の妖精は[x]に明日を描く① 7
108 2019年21号 問108. 砂上の妖精は[x]に明日を描く② 9
109 2019年22・23号 問109. 砂上の妖精は[x]に明日を描く③ 4
110 2019年24号 問110. 砂上の妖精は[x]に明日を描く④ 6
111 2019年25号 カラー 問111. 前任者のおとづる[x]は時に奇異なるものである 9
112 2019年26号 問112. 熱に憂う外套は時に善意の[x]に抗う 13
113 2019年27号 問113. 時に[x]は占卜の如何に踊るものである 11
114 2019年28号 問114. 機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる① 8
115 2019年29号 問115. 機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる② 16
116 2019年30号 カラー 問116. 機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる③ 9
117 2019年31号 問117. 機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる④ 8
118 2019年32号 問118. 先人は時に湯花と[x]にたゆとうものである 7
119 2019年33号 カラー 問119. 時の遡行は過ぎ去りし[x]との邂逅となる 6
120 2019年34号 問120. 年の暮れ 天才は[x]にて跡を濁さず 10
121 2019年35号 問121. 時に愛すべき獣は 波乱と[x]をもたらすものである 8
122 2019年36・37号 問122. 斯様に彼女らは粛々と[x]を祝す 9
123 2019年38号 カラー 問123. 詣でる彼らは過ぎ往く年と[x]に馳せる 11
124 2019年39号 問124. 天才の変貌は時に[x]の進境となる 10
125 2019年40号 問125. 縁の下の少女はかくも[x]に献身する 12
126 2019年41号 問126. 先人はかの日に備え[x]を蓄積する 8
127 2019年42号 問127. 楚々として[x]どもはその朝を迎える 12
128 2019年43号 カラー 問128. それでも尚[x]を支えるものは 6
129 2019年44号 問129. 雪解けに彼女らは戯れ[x]に寄り添う 7
130 2019年45号 カラー 問130. 時に天才どもは再び艱難に[x]するものである 6
131 2019年46号 問131. 時に彼らの[x]は柔軟たるものである 10
132 2019年47号 問132. 薄明に水辺の君はやがて[x]に漕ぎつく 11
133 2019年48号 問133. 前任者はそして過ぎ去りし[x]を享受する 8
134 2019年49号 カラー 問134. 先人のかつてはやがて[x]に色づく 4
135 2019年50号 問135. 時に彼らは鬼のいる間に[x]を選択する 9
136 2019年51号 問136. 眠りの果て[x]の現に目覚めたものは 10
137 2019年52号 問137. 乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである 7
138 2020年1号 問138. 乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである② 10
139 2020年2号 カラー 問139. 彼らはひとり最後の[x]に学ぶ 9
140 2020年3号 問140. そして[x]の時 15
141 2020年4・5号 問141. その[x]に微笑む者と咽ぶ者そして… 14
142 2020年6・7号 問142. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ① 14
143 2020年8号 カラー 問143. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ② 7
144 2020年9号 問144. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ③ 16
145 2020年10号 問145. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ④ 15
146 2020年11号 カラー 問146. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ⑤ 4
147 2020年12号 問147. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ⑥ 9
148 2020年13号 問148. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ⑦ 7
149 2020年14号 問149. 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ⑧ 14
150 2020年15号 カラー 問150. [x]=… 6
151 2020年16号 カラー 問151. [x]=機械仕掛けの親指姫編① 4
152 2020年17号 問152. [x]=機械仕掛けの親指姫編② 12
153 2020年18号 問153. [x]=機械仕掛けの親指姫編③ 7
154 2020年19号 問154. [x]=機械仕掛けの親指姫編④ 8
155 2020年20号 カラー 問155. [x]=機械仕掛けの親指姫編⑤ 8
156 2020年21・22号 問156. [x]=機械仕掛けの親指姫編⑥ 9
157 2020年23号 問157. [x]=機械仕掛けの親指姫編⑦ 5
158 2020年24号 問158. [x]=機械仕掛けの親指姫編⑧ 11
159 2020年25号 問159. [x]=機械仕掛けの親指姫編⑨ 15
160 2020年26号 カラー 問160. [x]=文学の森の眠り姫編① 11
161 2020年27号 問161. [x]=文学の森の眠り姫編② 17
162 2020年28号 問162. [x]=文学の森の眠り姫編③ 19
163 2020年29号 カラー 問163. [x]=文学の森の眠り姫編④ 10
164 2020年30号 問164. [x]=文学の森の眠り姫編⑤ 19
165 2020年31号 問165. [x]=文学の森の眠り姫編⑥ 19
166 2020年32号 問166. [x]=文学の森の眠り姫編⑦ 14
167 2020年33・34号 問167. [x]=文学の森の眠り姫編⑧ 17
168 2020年35号 問168. [x]=文学の森の眠り姫編⑨ 17
169 2020年36・37号 問169. [x]=明日の夜の小妖精編① 17
170 2020年38号 問170. [x]=明日の夜の小妖精編② 17
171 2020年39号 問171. [x]=明日の夜の小妖精編③ 15
172 2020年40号 問172. [x]=明日の夜の小妖精編④ 16
173 2020年41号 カラー 問173. [x]=明日の夜の小妖精編⑤ 9
174 2020年42号 問174. [x]=明日の夜の小妖精編⑥ 11
175 2020年43号 問175. [x]=明日の夜の小妖精編⑦ 16
176 2020年44号 問176. [x]=明日の夜の小妖精編⑧ 18
177 2020年45号 問177. [x]=明日の夜の小妖精編⑨ 15
178 2020年46号 カラー 問178. [x]=薄氷の女王編① 6
179 2020年47号 問179. [x]=薄氷の女王編② 15
180 2020年48号 問180. [x]=薄氷の女王編③ 12
181 2020年49号 カラー 問181. [x]=薄氷の女王編④ 6
182 2020年50号 問182. [x]=薄氷の女王編⑤ 15
183 2020年51号 問183. [x]=薄氷の女王編⑥ 12
184 2020年52号 問184. [x]=薄氷の女王編⑦ 14
185 2021年1号 問185. [x]=薄氷の女王編⑧ 14
186 2021年2号 問186. [x]=薄氷の女王編⑨ 12
187 2021年3・4号 連載終了 カラー 最終問. [x]なる未来へ 6

出典: 文化庁「メディア芸術データベース(ベータ版)」https://mediaarts-db.bunka.go.jp/)を編集・加工、および補完して作成